用紙について

私製はがき(タウンプラス用紙(小型メール便用紙)、または封入チラシ(一般メール便用封入チラシ))の場合、用紙の種類と厚さをお選びいただけます。

私製はがき

用紙の種類 重さ 用紙の性質
コート 180kg (光沢) カラーの再現性も良く、ポスターやカタログ、雑誌のカラーページなどに幅広く使われている用紙です。ボールペンなどで手書き文字を書き込むには、不向きです。
220kg (光沢・やや厚め)
マットコート 180kg (半光沢) 表面処理によって光沢を抑えたコート紙です。しっとりとした質感と輝くような白色に人気があり、カタログやポスター、書籍の本文などに使われています。
220kg (半光沢・やや厚め)
上質 180kg (光沢なし) 白色度が高く、通常の郵便はがきの紙質に近い用紙です。コート紙やマットコート紙に比べ発色はおちますが、ボールペンなどの手書き文字を書き込みやすく、印紙した時に反対側からの裏写りが少ない紙です。

封入チラシ

3種類の用紙に、それぞれ3種類の厚みをご用意しています。他の印刷物と共に封入をする際に、厚みによって封筒に入らなかったり、重さが規定以上になって、郵便料金が上がってしまうなどの問題がありますので、注意してお選びください。

用紙の種類 重さ 用紙の性質
コート 73kg (光沢・やや薄め) カラーの再現性も良く、ポスターやカタログ、雑誌のカラーページなどに幅広く使われている用紙です。ボールペンなどで手書き文字を書き込むには、不向きです。
90kg (光沢・標準)
135kg (光沢・やや厚め)
マットコート 70kg (半光沢・やや薄め) 表面処理によって光沢を抑えたコート紙です。しっとりとした質感と輝くような白色に人気があり、カタログやポスター、書籍の本文などに使われています。
90kg (半光沢・標準)
135kg (半光沢・やや厚め)
上質 70kg (光沢なし・やや薄め) 白色度が高く、オフィス等で使われるコピー紙に近い用紙です。コート紙やマットコート紙に比べ発色はおちますが、ボールペンなどの手書き文字を書き込みやすい用紙です。上質の70kgは、一般のコピー用紙と同等の厚みになります。
90kg (光沢なし・標準)
135kg (光沢なし・やや厚め)

※両面印刷の場合、70kgだと裏写りがあることがあります。